トップ > 暮らし・手続き > 環境・ごみ > ごみ・リサイクル > 「雲南市環境会議」について

ここから本文です。

「雲南市環境会議」について雲南市では、豊かな環境の保全と創造をめざすため、市民・事業者・行政が一体となって「雲南市環境会議」に取り組んでいます。

「雲南市環境会議」についてのご紹介

~「雲南市環境会議」とは~
 雲南市は雲南市環境基本条例に基づき、環境基本計画を策定しています。この計画では、豊かな森林資源の活用によって脱炭素社会づくりに繋がる「森林バイオマスエネルギー事業」をはじめ、太陽光発電などの「再生可能エネルギー事業」の促進や、地域における身近な環境保全活動の取組み、環境学習の推進などを重点プロジェクトに掲げていますが、これらの取組みの一つひとつは、市民・事業者・行政が一体的に行ってこそ、より効果が上がることから、そのための連携組織として設けたのが「雲南市環境会議」です。

 気候変動による大規模な自然災害が地球各地で起こり、暮らしに不安が付きまといます。原因は、私たちの日常生活や産業・経済活動など、すべて人の営みに起因しますが、こうした実態を一人でも多くの市民の皆様とこの市民会議で共有しあい、課題の解決につながる活動を広げて行くことが重要であると考えています。

雲南市環境基本計画のページ

「雲南市環境会議」の成り立ち

「第2回雲南市環境会議」イベント内容

【これまでの経過】
〇2018年11月10日、11日の2日間にわたり、「子どもたちへ今伝えたい雲南の自然」と題して「第1回雲南市環境会議」を開催し、延べ240名の方々に参加をいただきました。会議では、エコドライブや3Rなどの啓発パネルによる学習の他、兵庫県立コウノトリの郷公園より山岸園長にお越しいただき困難を乗り越えて雲南市で子育てを成功させたコウノトリのげんきくんのお話で講演をいただきました。

〇2020年1月19日には「第2回雲南市環境会議」を開催し、約300名の方々の参加がありました。第2回は、「自然の力を活かして未来へ」をテーマとして、第1回でテーマとした「自然の豊かな雲南市」をどうやって未来につなげられるかを考えるきっかけづくりをすることとし、特に「地球温暖化対策」に焦点を当てて開催しました。

〇具体的には、島根県地域政策課が主催する「太陽光発電セミナー・相談会」を開催し、太陽光発電を取り巻く現状と、これまであまり注目されなかった太陽光発電設備の事故、火災、保守点検などへの対応についてご縁パワーしまねのコーディネーターである上園由起氏に講演いただきました。

〇参加された方からは、「だんだん温暖化が進んでいて、今後が心配なので、少しでも努力したい」という声や「エアコンの温度を下げたり、シャワーの湯量を少なくしたい、ごみの減量に取り組みたい」といった声が寄せられました。

雲南市では、「雲南市環境会議」の積極的な取り組みにより、本市の環境課題の解決を目指します。

第2回環境会議の様子

「第2回雲南市環境会議」の様子

「雲南市環境会議」の詳細については、以下のリンクをご確認ください。


お問い合わせ先

市民環境部 環境政策課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1033
Fax 0854-40-1039
kankyouseisaku@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関