トップ > 暮らし・手続き > 環境・ごみ > 環境保全 > 12月2日環境会議【再生可能エネルギーの推進/太陽光発電編】を開催しました。

ここから本文です。

12月2日環境会議【再生可能エネルギーの推進/太陽光発電編】を開催しました。脱炭素に向けて

開催概要

市では、6月23日に「雲南市脱炭素宣言」を表明し、この宣言を具体的な行動につなげていくため、テーマを設け市民・事業者のみなさまと意見交換を行う場として環境会議を開催しています。今回は太陽光発電を主に、意見交換を行いました。
【概要】
1.会議名:雲南市環境会議【再生可能エネルギーの推進/太陽光発電編】
2.日時:2022年12月2日(金)(1)10時~12時/(2)14時~16時(2回開催)
3.場所:木次経済文化会館 チェリヴァホール3階大会議室
4.発表者:【講師】コミュニティエナジー株式会社 代表取締役 南原 順 さん
【アドバイザー】東洋ソーラー株式会社 福元 徹 さん 
5.参加者:22名
6.内容:今回の環境会議では、午前と午後の2回に分けて太陽光発電をテーマに開催しました。
南原さんからは、太陽光発電の現状とこれからの動向について講演していただきました。特にこれからの太陽光発電についてメンテナンスやFIT制度※1終了後の対応についてお話をうかがいました。
福元さんからは、アドバイザーとしてPPA※2についてお話していただいた後に、最新の太陽光パネルと蓄電池について実寸大の模型を用いて説明していただきました。
参加者は、設置する際や設置後について1対1で相談するよい機会となりました。
※1
FIT制度とは、固定価格買い取り制度の略。 再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める価格で一定期間、電気事業者が買い取ることを義務付ける制度。
※2
PPAとは、電力販売契約の略。施設所有者が提供する敷地や屋根などのスペースに太陽光発電設備の所有、管理を行う会社(PPA事業者)が設置した太陽光発電システムで発電された電力をその施設の電力使用者へ有償提供する仕組み。


お問い合わせ先

市民環境部 環境政策課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1033
Fax 0854-40-1039
kankyouseisaku@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関