トップ > 暮らし・手続き > 消防・防災 > 防災情報 > みんなで防ごう土砂災害

ここから本文です。

みんなで防ごう土砂災害土砂災害の被害にあわないための方法についてお知らせします。

みんなで防ごう土砂災害

近年、集中豪雨による被害が多発しています。
土砂災害から家族を守るためには、早期の避難がとても重要です。
あなたの判断、行動で被害を最小限に抑えることができます。

こんな現象を見たら、聞いたらすぐに避難!

  • 山鳴りがする
  • 地面が振動する
  • 雨が降っているのに川の水位が下がる
  • 川が異常に濁る
  • 流木が発生する
  • 小石がバラバラ落下する
  • 小崩落が発生する
  • 斜面から水がふき出す
  • 湧き水が濁る
  • 湧き水が濁る
  • 斜面に亀裂や段差、ふくらみが発生する

災害から身を守るためには、日頃の備えと早めの避難

ラジオの絵

ラジオ、電池の備えを

停電でテレビなどの情報が得られない場合もあります。そんなときに備えて携帯型のラジオと電池の準備をしておきましょう。

防災グッズの準備

早めの準備を

まだ大丈夫などと情報を軽く考えないで、早めはやめの準備と対応を行うようにしましょう。

ラジオをきくひと

最新の情報を

テレビ、ラジオなどで最新の気象情報を入手し、早目の準備が行えるようにしましょう。また、市が行う告知放送などを聞き逃さないように注意しましょう。

避難するひと

すみやかな行動を

特に、傾斜地やがけ、河川の付近では注意が必要です。ご近所の皆さんと声をかけあって早めに避難しましょう。単独行動はしないようにしましょう。

土砂災害警戒区域の指定(島根県の取り組み)

平成13年4月1日に「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」(通称:土砂災害防止法)が施行されたことを受け、島根県では住民の皆さんの生命・身体を守るため土砂災害の発生のおそれのある区域(「イエローゾーン」)を指定しています。

【イエローゾーンの指定】

イエローゾーンを示した地図

これは、急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民等の生命または身体に危険が生じる恐れがあると認められる区域(通称「イエローゾーン」)を指定することで、危険箇所の周知や警戒避難体制の整備、自主防災意識の高揚、組織の結成促進等を目的とするものです。
雲南市内における区域の指定についても、「雲南市防災ハザードマップ」上に【急傾斜・土石流・地すべり】の区分別に色分けをして明示していますのでご確認ください。

雲南市防災ハザードマップ

関連リンク


お問い合わせ先

総務部 危機管理室
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1027
Fax 0854-40-1029
kikikanri@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関