トップ > 市政情報 > 情報公開 > 行財政改革 > 行財政改革の基本方針

ここから本文です。

行財政改革の基本方針行財政改革の基本方針について

行財政改革の基本方針

雲南市では、『生命と神話が息づく新しい日本のふるさとづくり』をまちづくりの基本理念とし、市民のみなさまと行政との協働のまちづくりに取り組むこととしています。

現在、私たちを取り巻く社会環境は大きく変化しています。少子高齢化の進行や環境重視社会、高度情報化などが大きくクローズアップされていますが、とりわけ、人口減少と少子高齢化の到来がこれからの日本社会全体のもっとも重い課題であるといえます。

また、右肩上がりの経済成長はすでに過去のものとなり、低成長経済社会における新しい社会経済の仕組みづくりが様々なところで模索される今、国や地方自治体の財政状況は極めて厳しい局面を向かえています。

このままの行財政のしくみでは、現在の混沌の時代はもちろんのこと、やがて本格化する人口減少と少子高齢化社会を乗り切ることは到底不可能です。将来にわたり市民のみなさまがこの地域で不安なく暮らし続けられるよう、そして新市建設計画で掲げたまちづくりを実現していくため、市民のみなさまと行政が一緒になって知恵を出し合い、これからの新しい行財政のしくみを創っていくことが求められています。

雲南市では、平成17年4月から行政内部での検討組織である「行財政改革推進プロジェクトチーム」を設置し、検討をすすめていくうえでの基本方針をまとめました。これを基に、今後、市民のみなさまの参加を得ながら、平成17年度中に新しい行財政のしくみづくりに向けての基本的な考え方をまとめた「行財政改革大綱」と、その実施計画である「集中改革プラン」を策定することとしています。

今後の検討状況については、逐次お知らせいたします。

ダウンロード

行財政改革に関するみなさまのご意見をお待ちしております。


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。ビューワ一覧(別ウィンドウで開きます。)


お問い合わせ先

総務部 行財政改革推進課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1024
Fax 0854-40-1029
gyouzaiseikaikaku@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関