トップ > 市政情報 > 市の概要 > 雲南市名誉市民

ここから本文です。

雲南市名誉市民雲南市名誉市民の方を紹介しています。

雲南市名誉市民を授与されたみなさま

雲南市では、市民又は市に縁故の深い者で公共の福祉の増進、学術、技芸その他広く社会文化の興隆に貢献し、その功績が卓絶で郷土の誇りとする方に対して、雲南市名誉市民の称号を贈っています。

坂本 精志(さかもと せいし)さん (愛知県名古屋市)

坂本精志さんの画像

平成24年7月1日授与
昭和12年2月7日生まれ

主な功績
現在の株式会社ネスターを設立され、加茂町へ島根工場を開設されたほか、雲南地域の雇用創出に多大な貢献をされています。ホシザキ電機株式会社では、製氷機の事業化に中心となって成功され、平成20年には、東京証券取引所、名古屋証券取引所への一部上場により、経営基盤強化と事業拡大に尽力されました。また、市内すべての中学校でご講演いただき、中学生に夢や希望の大切さを語っていただいたほか、雲南市に多額のふるさと納税をいただいています。

佐藤 忠吉(さとう ちゅうきち)さん (雲南市木次町)

佐藤忠吉さんの画像

平成24年7月1日授与
大正9年3月18日生まれ

主な功績
今や安心・安全の代名詞ともなっている木次乳業有限会社を創設され、日本ではじめて低温殺菌のパスチャライズ牛乳の生産・販売に成功されたほか、子どもたちに安全な食べ物を供給したいという想いから学校給食にも提供されました。また、乳製品はもとより、ワインづくりなどにも先駆的に取り組まれています。地産地消の全国的な先駆けとして地域自給論を提唱・実践されるなど、全国の様々な分野の方々に及ぼした影響は計り知れず、雲南の幸をいただいています。

陶山 吉朗(すやま きちろう)さん (雲南市三刀屋町)

陶山吉朗さんの画像

平成26年11月1日授与
昭和2年7月4日生まれ

主な功績
地域の中核病院である「平成記念病院」の開設、また、県内では民間初となる特別養護老人施設を開設され、民営介護施設運営の先鞭をつけられたほか、老人保健施設、訪問介護ステーション等の開設にも尽力されました。また、島根県医師会裁定委員、飯石郡医師会長を務められ、合併後には雲南医師会を発足、初代の会長に就任され、地域医療の振興と保健活動の推進に貢献されました。この他、雲南市総合保健福祉計画策定委員会委員長として、保健・福祉・医療体制の整備・推進に尽力されたほか、県教育委員会の委員、委員長を歴任され県下の教育行政へも大きく貢献されるなど、行政の各種委員としても尽力していただいています。

合併以前に授与されたみなさま

旧大東町
■晴木 親久(はるき ちかひさ)さん
昭和59年授与
■高橋 英夫(たかはし ひでお)さん
昭和59年授与
旧加茂町
■竹内 宇右衛門(たけうち うえもん)さん
平成4年授与
旧木次町
■坂本 薫俊(さかもと しげとし)さん
平成2年授与
■鳥谷 正(とや せい)さん
平成12年授与
旧三刀屋町
■永井 隆(ながい たかし)さん
平成16年授与
■小滝 彬(こだき あきら)さん
平成16年授与
旧吉田村
■田部 長右衛門朋之(たなべ ちょうえもんともゆき)さん
昭和54年授与
■田部 長右衛門智久(たなべ ちょうえもんともひさ)さん
平成11年授与
旧掛合町
■竹下 勇造(たけした ゆうぞう)さん
昭和48年授与
■竹下 登(たけした のぼる)さん
昭和61年授与
■景山 俊弘(かげやま としひろ)さん
平成16年授与

以上のみなさまにつきましても、合併時に名誉市民として雲南市に引き継いでいます。


お問い合わせ先

総務部 総務課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1021
Fax 0854-40-1029
soumu@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関