ここから本文です。

評価替えとは評価替えについて説明しています。

評価替えについて

固定資産税の土地と家屋の評価額は、3年に一度評価替えが行われます。
土地と家屋については、原則として基準年度(3年ごと)に評価替えを行い、賦課期日(1月1日)現在の価格を固定資産税台帳に登録します。第二年度および第三年度は、新たな評価を行わないので基準年度の価格をそのまま据え置きます。
本来であれば、毎年評価替えを行い、その結果をもとに課税を行うことが理想的ですが、膨大な量の土地、家屋について毎年評価を見直すことは、実務的には困難であること等から、3年ごとに評価額を見直す制度がとられています。
ただし、第二年度又は第三年度において、新たに固定資産税の課税対象となる土地又は家屋の取得、土地の地目変更や家屋の増改築等があり、基準年度の価格によることが適当でない場合は、新たに評価を行い、価格を決定します。
償却資産については、所有者の方から毎年1月1日現在の償却資産の状況を1月31日までに申告していただきます。この申告に基づき毎年評価し価格を決定します。

基準年度、第二年度、第三年度の価格の修正

  1. 宅地については、地価が下落し課税上著しく均衡を失する場合で、基準年度の価格を3年間据え置くことが適当でないときは、価格の修正を行います。

雲南市における平成27年度評価替えの概要

土地 宅地
(宅地並み雑種地を含む)
国が示した平成27年度固定資産評価基準に基づき、地価公示価格、県地価調査価格および市が実施した不動産鑑定士による標準宅地の鑑定評価の7割をめどに、評価の適正化と公平化を図りました。
田・畑・山林 農林業を取り巻く状況等を勘案し、価格は据え置きました。
家屋 新・増築家屋 国が示した平成27年度評価基準に基づき、評価しました。
在来家屋 国が示した再建築費評点補正率(木造1.06、非木造1.05)と経年減点補正率で再計算し、評価しました。

お問い合わせ先

市民環境部 税務課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1034
Fax 0854-40-1125
zeimu@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関