ここから本文です。

第2次雲南市男女共同参画計画第2次雲南市男女共同参画計画についてのページです。

第2次雲南市男女共同参画計画について

1.計画策定の経過および趣旨

雲南市は、平成16年11月に町村合併し、雲南市男女共同参画推進条例を制定しました。この条例に基づき、「雲南市男女共同参画計画」(以下「第1次計画」)は、平成19年4月から平成23年3月までの4年間を第1期推進期間、平成23年4月からの4年間を第2期推進期間としており、第1次計画の計画期間が平成27年3月で満了するため、新たな計画として「第2次雲南市男女共同参画計画」を策定するものです。

2.現行計画策定後の状況

(1)国の動き
国は、第3次男女共同参画基本計画(平成22年から27年の5年間)を平成22年12月に策定しました。計画において強調すべき視点として、「女性の活躍による経済社会の活性化」「男性、子どもにとっての男女共同参画」「様々な困難な状況に置かれている人々への対応」「女性に対するあらゆる暴力の根絶」「地域における身近な男女共同参画の推進」を掲げ、15の重点分野における施策の基本的方向と具体的施策を明らかにしました。
(2)県の動き
島根県は、第2次島根県男女共同参画計画(平成23年度から27年度の5年間)の策定にあたり中間取りまとめを平成22年11月に発表しました。新たな取り組みとして「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進」「男性や若者への意識啓発」「男女双方の視点に立った健康づくりの推進」を盛り込み、重点目標8項目を掲げ、施策の方向性を示しました。
(3)雲南市の状況
平成20年4月に雲南市男女共同参画センターを設置し、研修会、講演会の開催など男女共同参画意識の普及と女性相談やDV対策事業などの体制づくりに努めてきました。
平成25年11月30日に県下で4番目となる「男女共同参画宣言都市」となりました。男女共同参画のすそ野を広げるため、市民・議会・行政が一体となって、男女共同参画社会の実現に向けた気運の醸成を図るため、「男女共同参画宣言都市奨励事業」を実施しました。
また、啓発活動においては、これまでに島根県から委嘱を受けた雲南市在住の島根県男女共同参画サポーター、雲南市男女共同参画まちづくりネットワーク会議による意識啓発活動を行っています。

3.策定計画の性格と期間

(1)この計画は、「男女共同参画社会基本法」第14条に基づく法定計画であり、また「雲南市男女共同参画推進条例」第9条の規定により策定するもので、雲南市における男女共同参画を実現するための指針として、市が実施する施策の基本的方向を総合的に示すものです。

(2)この計画は、「雲南市総合計画」を上位計画とし、その部門別計画の一つであり、男女共同参画施策を総合的に推進するために他の部門別計画と連携し、市の各部局の施策を男女共同参画の視点から横断的に捉えるものです。

(3)期間は、2015(平成27)年3月から2025(平成37)年3月までの10年間とします。なお、社会情勢の変化などに対応し、適宜見直しを図ります。

4.雲南市が目指す姿

 -気づいて築く雲南市-

 すべての男女の人権を尊重し、それぞれの個性と能力を活かし、あらゆる
 活動に対等に参画できる社会づくりの実現


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。ビューワ一覧(別ウィンドウで開きます。)


お問い合わせ先

雲南市男女共同参画センター
〒699-1334
島根県雲南市木次町新市3
Tel 0854-42-1767
Fax 0854-42-1839
danjyokyoudou@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関