ここから本文です。

民谷地区振興協議会ふるさと納税活用事業の詳細について

1.活用事業名

黄色い旗運動

2.事業概要

平成26年に設立された民谷地区振興協議会では、地区全体での高齢者の見守りを目的に平成26年12月から「黄色い旗運動」を開始した。
地区内全戸に黄色い旗を配布し、朝、玄関先などに掲げ、夕方しまうことで住民同士が安否を確認し合うという活動である。旗が出ていなかったりしまっていなかったりした場合には近所で声かけをしている。地区全体で取り組むことで、防犯にもつながっている。

約2年間毎日この活動をしてきたことで、黄色い旗が破損している家庭が多くなってきた。平成29年度は、全戸の旗を更新したいと考えている。

3.PR

民谷地区は、雲南市の南端に位置し、広島と県境を接する標高約500メートルの地域です。米作りを中心とした農村集落ですが、冬は豪雪に見舞われるいわゆる“超一流の山奥”です。

世帯数54世帯、人口169名、高齢化率44.71パーセントのこの地域も、急速に進む人口減少・少子高齢化のため集落の存続に危機感をもち、地域のシンボルであった民谷分校の閉校に伴い、「自分たちで地域づくりを進められる環境整備をしよう」と地域自主組織を立ち上げました。設立から2年ほどのまだ若い組織です。
全戸で取り組む『黄色い旗運動』の他、平成28度から始めた『夢民谷放課後子ども教室』、地域外の親子や島根大学の学生にも参加してもらう『田植え体験イベント』『稲刈りイベント』、地域住民総出の『みんだに運動会』『夢民谷夏祭り』など住民参加型の地域づくりを進めています。


お問い合わせ先

政策企画部 政策推進課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1011
Fax 0854-40-1019
seisakusuishin@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関