トップ > 暮らし・手続き > 消防・防災 > 防災情報 > 弾道ミサイル落下時の行動について

ここから本文です。

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動

①発射から極めて短時間で着弾します。
②日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、音声告知放送で特別なサイレン音とともにメッセージを流します。
③日本に落下する可能性がある場合は、緊急速報メールにより緊急情報をお知らせします。

メッセージ、緊急情報が流れたら、ただちに次の行動をとってください

①屋外にいる場合
 ・近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中又は地下(地下街や
 地下駅舎などの地下施設)に避難してください。
 ・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守って
 ください。
②屋内にいる場合
 ・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋に移動してください。

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&Aなどは次のサイトに掲載されていますので参考としてください。
国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/

弾道ミサイル落下時の行動について
http://www.kokuminhogo.go.jp/kokuminaction/index.html

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A
http://www.kokuminhogo.go.jp/kokuminaction/qa.html

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について
http://www.kokuminhogo.go.jp/kokuminaction/jalert.html

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A
http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/nkjalertqa.html


お問い合わせ先

総務部 危機管理室
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1027
Fax 0854-40-1029
kikikanri@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関