トップ > 子育て・教育 > 手当・助成 > 一般不妊治療費助成制度について

ここから本文です。

一般不妊治療費助成制度について雲南市では一般不妊治療費用を一部助成する事業を行っています。

詳細

雲南市では平成23年4月より、不妊治療を受けようとするご夫婦の精神的・経済的負担の軽減を図ることを目的として一般不妊治療にかかる費用を一部助成する事業を行っています。

一般不妊治療とは、体外受精・顕微鏡授精といった特定不妊治療の前段階として行われる不妊治療のことで、タイミング法、ホルモン療法、人工授精などがあります。

対象者

次の要件をすべて満たす夫婦

  • 戸籍上の婚姻関係であって、夫婦もしくは夫婦のいずれかが市内に住所を有していること
  • 夫または妻が医療保険各法による医療保険の被保険者、組合員または被扶養者であること
  • 産婦人科または泌尿器科において一般不妊治療を受けた者であること

助成内容

  • 一般不妊治療費のうち、1年間につき10万円を上限とします。
  • ただし、医療保険各法に基づく保険者または共済組合の規約等により、その不妊治療に要する費用に対し、給付が行われる場合はその額を控除した額です。

助成期間

一般不妊治療を受けた日(医療機関証明書の初回受診)から3年間とします。

申請方法

1年間の申請については1年間終了後その終了日の属する年度内とします。
治療を受けた領収書等下記のものを、市役所健康づくり政策課まで持参または郵送してください。

  • (1)一般不妊治療費助成金交付申請書
  • (2)医療機関証明書
  • (3)一般不妊治療に要した費用の領収書と明細書(原本)
  • (4)戸籍抄本または外国人登録原票記載事項証明書
  • (5)健康保険証の写し

一般不妊治療費助成金交付申請書と医療機関証明書は、以下ダウンロード一覧より様式をダウンロードできます。

※ご不明な点は市役所健康づくり政策課までお問合せください。


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。ビューワ一覧(別ウィンドウで開きます。)


お問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり政策課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1040
Fax 0854-40-1049
kenkouzukuri@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関