トップ > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 赤ちゃんが生まれたら(健診等のご案内)

ここから本文です。

赤ちゃんが生まれたら(健診等のご案内)赤ちゃんの健診や相談事業のご案内です

健診や相談事業等のご案内

赤ちゃんとお母さん

出産おめでとうございます!
雲南市では、お子さまの健やかな成長を願い、様々な相談事業を行っています。

母子保健指導

  • 内容:子育てハンドブックを用いてのお話
  • 場所:雲南市役所健康推進課
  • 対象者:お生まれになったお子さまの保護者等
  • 準備物:母子健康手帳

こんにちは赤ちゃん訪問

  • 内容:体重測定、予防接種のお話、保健指導等
  • 場所:赤ちゃんのいるご家庭
  • 対象者:生後4か月以内のお子さんと保護者
  • 準備物:母子健康手帳

母子健康推進員による家庭訪問(産前・産後サポート事業)

  • 内容:お母さんとお子さんの健診や育児教室のお知らせをするなど、身近な相談役として、お住いの地域を担当する母子保健推進員が事前連絡後、直接お宅へ伺います。
  • 対象者:生後4か月頃までのお子さんがいらっしゃるご家庭(または妊婦さんやお子さんのおられるご家庭)

母子デイケア事業(産後ケア事業)

※ご利用を希望される方は、まず担当保健師にご相談ください。

  • 内容:日帰りで乳児とその母親を施設利用させ、母体の体力回復および母体のケアならびに乳児のケアを行う。また、今後の育児に資する指導等を実施する。※利用可能期間は7日以内
  • 場所:委託医療機関
  • 対象者:
    ①市内に住所を有する生後4か月未満のお子さんとその母親であり、家族から十分な家事、育児などの援助が受けられず、かつ産後の身体機能の回復や育児に対する不安が強く、特に支援を必要としている方
    ②その他、支援が必要であり、市長がやむを得ない事情があると認める方
  • 費用:自己負担金が生じる場合があります。

母子ショートステイ事業(産後ケア事業)

※ご利用を希望される方は、まず担当保健師にご相談ください。

  • 内容:乳児とその母親を一緒に宿泊させて、母体の体力回復および母体のケアならびに乳児のケアを行う。また、今後の育児に資する指導等を実施する。※原則利用可能期間は6泊7日以内
  • 場所:委託医療機関
  • 対象者:
    ①市内に住所を有する生後4か月未満のお子さんとその母親であり、家族から十分な家事、育児などの援助が受けられず、かつ産後の身体機能の回復や育児に対する不安が強く、特に支援を必要としている方
    ②その他、支援が必要であり、市長がやむを得ない事情があると認める方
  • 費用:自己負担金が生じる場合があります。

1か月児健診・6~8か月児健診(個別乳児健診)

  • 内容:発育・発達の確認
  • 場所:県内医療機関
  • 対象者:生後1か月のお子さん、生後7、8か月のお子さん
  • 準備物:母子健康手帳、乳児一般健康診査受診票

育児相談

  • 内容:子育て等に関する相談等 保健師・助産師・栄養士等が相談に応じます※会場によって、相談に応じる専門職が異なります。
  • 時間および場所:子育てカレンダーまたは市報うんなんにてご確認ください
  • 対象者:小学校就学前までのお子さんとその保護者
  • 準備物:母子健康手帳、すくすくふぁいる

4か月児健診・10か月児健診(集団乳児健診)

  • 内容:医師による診察、発育・発達の確認、保健師・栄養士・歯科衛生士による相談
  • 時間および場所:別途対象者には個別通知します
  • 対象者:生後4か月のお子さん、生後10か月のお子さん
  • 準備物:母子健康手帳、ハンドブック、問診票、すくすくふぁいる

離乳食教室

  • 内容:離乳食の進め方と食べる力の発達や歯の話。試食と個別相談。
  • 時間および場所:4か月児健診受診時に該当する日をお知らせします
  • 対象者:7~8か月のお子さんとその保護者
  • 準備物:母子健康手帳、離乳食教室問診票、ハンドブック、すくすくふぁいる

1歳6か月児健診・3歳児健診(集団乳児健診)

  • 内容:医師・歯科医師による診察、発育・発達の確認、保健師・栄養士・歯科衛生士、臨床心理士による相談
  • 時間および場所:別途対象者には個別通知します
  • 対象者:1歳6か月のお子さん、3歳6か月のお子さん
  • 準備物:母子健康手帳、赤ちゃんハンドブック、問診票、すくすくふぁいる

お問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1045
Fax 0854-40-1049
kenkousuishin@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関