トップ > 観光・文化 > 観光 > 温泉 > 出雲湯村温泉

ここから本文です。

出雲湯村温泉出雲湯村温­泉についてご紹介します

出雲湯村温泉とは

心ゆったり、体湯ったり空間へ。

神話の名湯・出雲湯村温泉 The mysterious and Famous Onsen "Izumo Yumura"

出雲湯村温泉の風景

出雲湯村温泉は、出雲風土記の時代より今なお変わらぬお湯が湧き続け、斐伊川の清流に望む山水の美に、古くから文人、墨客が訪れ、特に明治初期の画匠、田能村直入、岡本黄石等が長らくこの地にとどまり多くの名作を残しています。春の桜、夏の河鹿、秋の紅葉、雪あかりにむせぶ湯の香など四季折々の自然の美しさに囲まれ、また周辺には神話にちなんだ名所も多数あります。
●JR木次駅からバスで約15分、湯村温泉下車

●効能
この温泉は無色無臭、常温43度のアルカリ性単純泉低緩和温泉です。天平5年(733年)に編纂された出雲国風土記に「あまねく知られた薬湯」と紹介されており、関節・筋肉・リュウマチ・神経痛や運動障害また外傷の両方に適した良質の温泉です。

関連リンク

国民宿舎清嵐荘

リンク


もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関