トップ > 暮らし・手続き > 税金 > 個人住民税 > 令和2年分 市・県民税、所得税の申告相談が始まります。

ここから本文です。

令和2年分 市・県民税、所得税の申告相談が始まります。申告相談を2月15日(月)から3月15日(月)までの期間に実施します。日程表で相談会場をご確認のうえお出かけください。

市・県民税、所得税の申告相談日程

申告書はご自分で作成して提出いただくものですが、相談が必要な場合は、収入金額や控除金額がわかる給与・年金などの源泉徴収票、控除証明等の原本を必ずお持ちの上、お出かけください。

期間中は、税務課の職員が相談会場に出かけるため市役所税務課では受付ができません。市民税に関するお問い合わせも即答できない場合がありますのでご了承ください。

新型コロナウイルス感染症の予防対策にご協力ください。

  • 来場される際は、熱がないことを確認し、マスクを着用してお出かけください。
  • 混雑緩和や滞在時間縮小のために、事前準備や医療費等の集計を必ずお願いいたします。
  • 農業相談は行いません。集計は自宅で行い、作成した収支内訳書または集計表を必ず持参してください。

○大東税務署での所得税申告相談の開設期間は2月16日(火)から3月15日(月)までです。還付申告書は1月から提出できますので早めの提出をお願いします。
○税務署会場への入場には、「入場整理券」が必要です。詳しくは国税庁HP:確定申告会場にお越しになる方へこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。
○紙の申告書は、税務署に郵送または時間外収受箱への投函により提出することができます。申告に使用する用紙は大東税務署に用意しているほか、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で作成、印刷することができます。

所得税の確定申告について

確定申告が必要な方の例
(1)農業や営業などの事業を営んでいる方や不動産所得、一時所得(保険の満期など)、配当、不動産の譲渡などがあり、その所得の合計額が所得控除の合計額を超える方
(2)年末調整を受けた給与以外に所得が20万円を超える、または年末調整を受けた給与以外の給与収入が20万円を超える方
確定申告ができる方
(1)各種所得控除の追加や修正により源泉徴収された所得税が戻ってくる方
(2)勤務先で年末調整を受けておられず、申告すると源泉徴収された所得税が戻ってくる方
確定申告不要制度
公的年金受給者の方は、年金収入が400万円以下で他の所得が20万円以下の場合は確定申告する必要はありません。
※所得税の還付を受けるためには、確定申告をする必要があります。
持参いただくもの
本人確認ができるもの 運転免許証、個人番号カード、保険証など
本人のマイナンバーがわかるもの 通知カード、個人番号が記載された住民票
印鑑(認印で可) ※新たに振替納税をご利用される場合は金融機関のお届け印
給与・年金などの源泉徴収票 ※原本をご持参ください。少額の報酬等も忘れずに
収支内訳書 ※営業所得、農業所得や不動産所得がある方
生命保険などの満期金や定期年金の給付金額がわかるもの
各種所得控除の支払証明書、医療費控除の明細書、障がい者手帳など
本人の預貯金口座がわかるもの ※所得税の振替、還付金の受け取りのため
利用者識別番号の通知 ※昨年、市の会場で確定申告をされた方で、利用者識別番号の取得に同意いただいた方のみ

市・県民税の申告について

市・県民税は、1月1日現在の住所地で前年中の所得にもとづいて課税されます。期限までに申告をお願いします。申告に必要な書類は、所得税の確定申告と同様です。

市民税申告をしていただく人

市民税申告書は自分で作成できます。
市民税申告のみの場合でも、申告会場へ行かずご自分で作成・提出できます。
申告書に署名・押印(連絡先も忘れずに)、必要事項を記入し、税務課へご提出ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。ビューワ一覧(別ウィンドウで開きます。)


お問い合わせ先

市民環境部 税務課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1034
Fax 0854-40-1125
zeimu@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関