トップ > 暮らし・手続き > 生活情報 > ペット・鳥獣 > 令和2年度狂犬病予防注射(集合注射)について

ここから本文です。

令和2年度狂犬病予防注射(集合注射)について犬の飼い主は飼い犬を登録し、毎年1回狂犬病予防注射を受けさせ、注射済票を着けておく義務があります。

令和2年度狂犬病予防注射(集合注射)

犬の飼い主は、狂犬病予防法により、飼い犬を登録し、毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせ、注射済票を着けておく義務があります。

令和2年度の集合注射の日程は、添付ファイルのとおりです。最寄りの実施会場へ犬を連れてお出かけください。

市へ登録済みの飼い主の方へは、別途ハガキによりご案内します。
ハガキは狂犬病予防注射申請書を兼ねています。
集合注射へはハガキと注射に係る料金を持参してください。
※令和2年度より注射料金が変更(2,400円→2,500円)になりますので、ご注意ください。
※おつりのでないようご準備をお願いいたします。

【登録済みで、注射のみの方】
 3,100円(注射料2,500円、注射済票交付手数料600円)
【新規登録も併せて行う方】
 6,100(上記に加えて、登録手数料3,000円)
 ※新規登録の場合はその場でハガキの作成を行います。

できる限りこの集合注射の機会に狂犬病予防注射を受けていただきますようお願いします。

市の集合注射で狂犬病予防注射を受けられなかった場合は、動物病院で狂犬病予防注射の接種を受けていただき、動物病院が発行する注射済証に狂犬病予防注射済票交付手数料600円を添えて、市の窓口への届け出をしてください。

※平成30年度より、6月の補足注射は廃止しております。


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。ビューワ一覧(別ウィンドウで開きます。)


お問い合わせ先

市民環境部 環境政策課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1033
Fax 0854-40-1039
kankyouseisaku@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関