トップ > 暮らし・手続き > 生活情報 > 交通 > 令和2年秋の全国交通安全運動(令和2年度交通安全県民運動)

ここから本文です。

令和2年秋の全国交通安全運動(令和2年度交通安全県民運動)令和2年9月21日(月)から同月30日(水)まで実施される秋の全国交通安全運動についてお知らせするページです。

運動の目的

秋口における日没時間の急激な早まりとともに、例年、夕暮れ時や夜間には、重大交通事故につながる恐れのある交通事故が多発すること、飲酒運転、妨害運転(いわゆる「あおり運転」)等の危険運転による悲惨な交通事故が依然として後を絶たないことから、広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの順守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、国民自身による道路交通環境の改善に向けた取り組みを推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。

運動期間

令和2年9月21日(月)から令和2年9月30日(水)まで

一斉行動の日

9月23日(水) 県内一斉行動日
9月30日(水) 交通事故死ゼロを目指す日(全国一斉)
9月30日(水) シートベルト・チャイルドシート着用啓発の日(県内一斉)

運動の重点

1 子どもを始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保
・道路を横断する時は、横断歩道を渡るようにするとともに、左右をよく見て安全を確認しましょう。
・車両の運転者は、横断歩道における歩行者優先のルールを徹底しましょう。
・自転車にも交通ルールがあります。「自転車安全利用五則」を守りましょう。
 (1)自転車は、車道が原則、歩道は例外
 (2)車道は左側を通行
 (3)歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 (4)安全ルールを守る
 (5)子どもはヘルメットを着用

2 高齢運転者等の安全運転の励行
・高齢者は、身体機能の変化を自覚した安全運転に努めましょう。
・夜間や雨の日の運転を控えるなど、外出する時と場所を選択し、余裕を持った運転をしましょう。
・どの座席でも必ず「シートベルト」を着用し、6歳未満の幼児は「チャイルドシート」を使用しましょう。

3 夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止
・歩行者・自転車利用者は、夕暮れ時や夜間に外出する時は、反射材やライトを活用しましょう。
・自動車の運転者は、スピードダウン、早めのライト点灯、上向きライト(ハイビーム)の活用を心がけましょう。
・わずかなお酒でも、運転能力・判断能力を鈍らせます。飲酒運転を根絶しましょう。
・ゆずり合いの気持ちをもって「あおり運転「妨害運転」)はやめましょう。

実施要領

令和2年度交通安全県民運動「秋の全国交通安全運動」島根県実施要領PDFファイル(411KB)


お問い合わせ先

防災部 くらし安全室
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
anzen-unnan@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。
Tel 0854-40-1027
Fax 0854-40-1029

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関