トップ > 暮らし・手続き > 消防・防災 > 消防 > 雲南市消防団の組織再編について

ここから本文です。

雲南市消防団の組織再編について

雲南市消防団は組織の見直しを行い新体制に移行します。

 雲南市消防団では、少子高齢化、人口減少、就業形態の変化等により消防団員の確保が困難になっていることを背景に、平成28年10月から消防団の組織再編の検討に着手し、平成30年12月からは組織再編検討委員会を立ち上げ、協議・検討が進められてきました。
 令和2年4月に市消防団から雲南市に対し「雲南市消防団組織再編検討報告書」が提出されたことを踏まえ、市においては消防団に関する規定を見直し、新たな組織体制に移行することにしています。

組織再編の目的

 人口減少や少子高齢化など、今後も続く社会情勢の中であっても、地域防災・消防力の低下を招かぬよう、また、全国的に多発・大型化する自然災害にも柔軟に対応できるよう消防団の新たな組織体制を構築します。

組織見直しの概要

新組織体制
分団および部の組織を見直し、6方面隊32分団88部(H31.4.1現在)を6方面隊27分団74部とし、令和3年4月1日に新組織体制に完全移行します。

雲南市消防団組織図(再編前後比較)PDFファイル(229KB)
組織編成基準
1箇部あたりの団員数を、ポンプ車1台の場合は15名以上、小型ポンプ付積載車1台の場合は12名以上、ポンプ車1台+小型ポンプ付積載車1台の場合は18名以上、小型ポンプ付積載車2台の場合は16名以上を基準とします。
団員の定員
消防団員の定員を1,442人から1,212人に変更し機能別団員制度を導入します。

※「機能別団員」とは、特定の活動のみに参加する団員です。
消防車両の配属等の見直し
分団および部の組織見直しに伴い、消防車両の配属を見直します。
見直し前:車両台数95台(ポンプ車14台、小型ポンプ付積載車81台)
見直し後:車両台数83台(ポンプ車13台、小型ポンプ付積載車70台)

お問い合わせ先

防災部 くらし安全室
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
anzen-unnan@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。
Tel 0854-40-1027
Fax 0854-40-1029

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関