トップ > 健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 新型コロナウイルス感染症の影響に係る国保料減免について

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響に係る国保料減免について

国保料の減免申請について

減免の対象となる方

(1)新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った世帯

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下「事業収入等」)の減少が見込まれ、下記のすべてに該当する世帯

  • 世帯の主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補てんされるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。
  • 世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得が1,000万円以下であること。
  • 減少することが見込まれる世帯の主たる生計維持者の事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

※収入とは自営業の場合は売上金額、給与の場合は、源泉徴収額や社会保険料等を引く前の金額(源泉徴収票の収入金額欄に記載のある金額)です。
※所得とは収入から必要経費(給与の場合は給与所得控除)を除いた後の金額です。

減免額

1.に該当する場合 全額

2.に該当する場合 減免対象保険料額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額

A:世帯の被保険者全員について算定した保険料額
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等にかかる前年の所得額
(減少が見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)
C:世帯の主たる生計維持者および当該世帯に属するすべての被保険者の前年の合計所得金額

減額又は免除の割合
主たる生計維持者の前年の合計所得金額 減額又は免除の割合(D)
300万円以下であるとき 全部
400万円以下であるとき 10分の8
550万円以下であるとき 10分の6
750万円以下であるとき 10分の4
1,000万円以下であるとき 10分の2

※世帯の主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料の全部を免除
※解雇や雇い止めなど会社都合で離職された場合は、非自発的失業による保険料の軽減制度このリンクは別ウィンドウで開きますが優先され、本減免の対象とはなりません。ただし、給与以外に減少が見込まれる事業収入等がある場合は、本減免の対象になります。
※減少が見込まれる収入にかかる前年の所得(B)が0円以下の場合は、減免の対象となりません。

減免の対象となる保険料

令和4年度分の保険料であって、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に納期限が設定されているもの

申請方法

申請に必要な書類は次のとおりです。

必要書類
(1)に該当する場合 ・減免申請書
・死亡診断書や医師の診断書
(2)に該当する場合 ・減免申請書
・収入状況等申告書
・令和4年1月から現在までの収入が確認できるもの
 例:帳簿、給与明細書など
【事業等の廃止や失業の場合のみ】
・失業・廃業の事実が確認できるもの
 例:廃業等届出書、雇用保険受給資格者証、離職票など
【雲南市で前年の課税状況が確認できない場合のみ】
・前年の所得が確認できるもの
 例:確定申告書(控)、源泉徴収票
上記書類以外にご持参いただきたいもの
世帯主の個人番号の確認できるもの ・マイナンバーカード
・通知カード(記載事項と現在の住所等が違う場合は、証明書類としてご利用になれません)
・住民票の写し(個人番号の記載のあるもの)
来庁される方の本人確認ができるもの ・マイナンバーカード
・運転免許証
・障害者手帳
など

※必要な書類等を雲南市役所税務課またはお近くの総合センター市民福祉課までご提出ください。
※郵送でも受付けますが、書類に不備があった場合等、ご連絡をさせていただく場合がありますので、日中に連絡の取れる電話番号を必ずご記入ください。また、世帯主の個人番号の確認できるものおよび本人確認書類の写しを同封してください。


お問い合わせ先

市民環境部 税務課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1034
Fax 0854-40-1125
zeimu@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関