トップ > 健康・福祉 > 保健・医療 > 予防接種 > よくある質問等

ここから本文です。

よくある質問等よくある質問等とその回答について、ご案内します。

よくある質問等

(1)県外から帰省等するときは
県外から規制等するときは、島根県より県境をまたぐ移動について、県民の皆様へ要請を行っていますので、ご確認の上、慎重な行動をお願いします。
島根県「島根県からのお願い」(外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

(2)自分がコロナ感染者の接触者になった、家族が濃厚接触者になった、接種会場に入れますか
保健所から指定された経過観察期間が終了するまで、または職場等から自宅待機等を求められている場合は、その期間が終了するまでは接種会場にお越しいただくことはできません。
身近なところでコロナの感染が判明し、ご自身が接触者または濃厚接触者であるか不明な場合は、確定するまでの期間中も接種会場にお越しいただくことはできません。

(3)市内の方が市外で接種できますか
接種する医療機関のある市町村に申し出てください。

(4)市外の方が市内で接種できますか
ワクチン接種は、原則住民票の所在地の市町村で接種を行うこととされていますが、次のようなやむを得ない事情で住民票の所在地では接種を受けることができない場合は、接種を行う医療機関等の所在地の市町村に「住所地外接種届」を事前に提出し、「住所地外接種届出済証」の交付を受けることで接種を受けることができます。

〔申請が必要な方〕
・出産のために里帰りしている妊産婦
・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生
・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
・その他市長がやむを得ない事情があると認める人

〔申請を省略できる方〕
・入院、入所者
・基礎疾患があり、主治医の下で接種する必要がある人
・副反応のリスクが高いなどの理由により、体制の整った医療機関で接種を要する場合
・市町村外の医療機関等から往診により在宅で接種を受ける場合
・災害の被害にあった人
・拘留又は留置されている人、受刑者
・住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難な人

〔申請方法〕
窓口、郵送または電子メールで、次の書類を提出してください。
住所地外接種届出済証は被接種者の住民票の所在地へ郵送します。送付先を変更したい場合は、送付先変更届を添付してください。
住所地外接種届ワードファイル(20KB)このリンクは別ウィンドウで開きます※開けない場合はこちら(90KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
・接種券一体型予診票の写し
・本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
委任状ワードファイル(12KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(申請者が被接種者でない場合は、委任状に代理人の本人確認書類の写しを添付)※開けない場合はこちら(59KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

〔提出先〕
持参の場合
雲南市健康福祉部ワクチン接種対策室(本庁1階)

郵送の場合
〒690-1392 島根県雲南市木次町里方521番地1
雲南市役所健康福祉部ワクチン接種対策室 宛

電子メールの場合
雲南市健康福祉部ワクチン接種対策室
wakuchinsessyu@city.unnan.shimane.jp
(いたずら防止のために「@」を大文字にしていますので、文字に置き換えてください。)

(5)接種券が届かない
新型コロナワクチン接種には、新型コロナワクチン接種には、接種券一体型予診票(初回接種の場合は、接種券)が必要です。
接種券一体型予診票が届かない場合は、次に該当される確認してください。
該当される場合は、このページ内の「接種券一体型予診票を再発行できますか」をご覧いただき、市へ発行申請の手続きをしてください。(代理人の場合は、別途委任状が必要となります。また、郵送先を変更される場合は、別途手続きが必要です。)
その際、直近の接種済証または接種記録証明書の写しが必要です。紛失等されている場合は、直近の接種を受けた自治体等へお問い合わせの上、再発行を受けてください。
それ以外の場合は、雲南市ワクチン接種コールセンターへお問い合わせください。

・1・2回目や3回目の接種完了後に雲南市に転入された方
・海外で接種した方
・海外在留邦人向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
・在日米軍従業員接種で接種した方
・製薬メーカーの治験で接種した方
・市の接種券を用いた接種完了から8か月を経過した方

(6)接種券一体型予診票を再発行できますか
新型コロナワクチン接種には、接種券一体型予診票(初回接種の場合は、接種券)が必要です。
原則、住民票の所在地の市町村へ再発行の手続きを申請してください。。(代理人の場合は、別途委任状が必要となります。また、郵送先を変更される場合は、別途手続きが必要です。)
接種券一体型予診票の再発行には数日かかります。当日発行は対応しかねますので、接種日の前日までに再発行を受けるようにしてください。
接種券一体型予診票の再発行申請が必要な場合は、以下のとおりです。

・接種券一体型予診票を紛失、破損などをした場合
・接種券一体型予診票の発送後に住民票の所在地が変更となった場合
・接種券一体型予診票が届かない場合
・住民票及び戸籍に記載がない場合
・(初回接種で)予診券のみ2回使った場合
・(追加接種で)予診のみとなった場合
・その他接種券一体型予診票の発行が必要であると市長が認める場合

〔申請方法〕
市の窓口、郵送または電子メールで次の書類を提出してください。
接種券一体型予診票は被接種者の住民票の所在地へ郵送します。
送付先を変更したい場合は、(1)申請書の「送付先住所」欄へ居住先等の住所を記入したうえで、送付先で受け取れることが確認できる書類(届いたハガキなど)を添付するか、(2)送付先変更届を提出してください。

接種券再発行申請書(3回目接種用)ワードファイル(28KB)このリンクは別ウィンドウで開きます※開けない場合はこちら(140KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
※初回接種はこちらの接種券再発行申請書ワードファイル(26KB)このリンクは別ウィンドウで開きますで申請してください。※開けない場合はこちら(136KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
・本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
委任状ワードファイル(12KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(申請者が被接種者でない場合は、委任状に代理人の本人確認書類の写しを添付)※開けない場合はこちら(59KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
送付先変更届ワードファイル(20KB)このリンクは別ウィンドウで開きます ※送付先変更を行う場合※開けない場合はこちら(96KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

〔提出先〕
持参の場合
雲南市健康福祉部ワクチン接種対策室(本庁1階)

郵送の場合
〒690-1392 島根県雲南市木次町里方521番地1
雲南市役所健康福祉部ワクチン接種対策室 宛

電子メールの場合
雲南市健康福祉部ワクチン接種対策室
wakuchinsessyu@city.unnan.shimane.jp
(いたずら防止のために「@」を大文字にしていますので、小文字に置き換えてください。)

(7)予診票を再発行してほしい
〔追加接種(3回目)〕
追加接種の予診票は、接種券と予診票がひとつになった接種券一体型予診票です。
このため、予診のみで接種券一体型予診票を使った場合は、接種券一体型予診票の再発行の申請をしていただく必要があります。(代理人の場合は、別途委任状が必要となります。また、郵送先を変更される場合は、別途手続きが必要です。)

1 個別接種で予診のみとなった場合
1)市内特定医療機関が接種済証に予診のみとなった証明をします。(接種券一体型予診票は市内特定医療機関が回収します。)
2)市役所窓口又は各総合センター窓口に証明された接種済証を持参していただくか、郵送で送ってください。
3)市から新しい接種券一体型予診票一体型予診票を交付又は郵送します。(郵送先は、住民票の所在地となります。)

2 集団接種で予診のみとなった場合
1)集団接種会場で接種済証と接種券一体型予診票を回収します。
2)市から新しい接種券一体型予診票一体型予診票を交付又は郵送します。

(8)転入したが接種券一体型予診票をもらうためにはどうしたらよいか
雲南市に転入された方で、新型コロナワクチン接種を希望される方は、雲南市の接種券一体型予診票の発行手続きが必要となります。(代理人の場合は、別途委任状が必要となります。また、郵送先を変更される場合は、別途手続きが必要です。)
接種券一体型予診票の再発行には数日かかります。当日発行は対応しかねますので、接種日の前日までに再発行を受けるようにしてください。

〔申請方法〕
市の窓口、郵送又は電子メールで次の書類を提出してください。
送付先を変更したい場合は、(1)申請書の「送付先住所」欄へ居住先等の住所を記入したうえで、送付先で受け取れることが確認できる書類(届いたハガキなど)を添付するか、(2)送付先変更届を提出してください。
接種券一体型予診票再発行申請書ワードファイル(28KB)このリンクは別ウィンドウで開きます※開けない場合はこちら(140KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
・本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
委任状ワードファイル(12KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(申請者が被接種者でない場合は、委任状に代理人の本人確認書類の写しを添付)※開けない場合はこちら(59KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
送付先変更届ワードファイル(20KB)このリンクは別ウィンドウで開きます ※送付先変更を行う場合※開けない場合はこちら(96KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

〔提出先〕
持参の場合
雲南市健康福祉部ワクチン接種対策室(本庁1階)

郵送の場合
〒690-1392 島根県雲南市木次町里方521番地1
雲南市役所健康福祉部ワクチン接種対策室 宛

電子メールの場合
雲南市健康福祉部ワクチン接種対策室
wakuchinsessyu@city.unnan.shimane.jp
(いたずら防止のために「@」を大文字にしていますので、小文字に置き換えてください。)

(9)接種済証のワクチンの有効期限が延長されている
ファイザー社製ワクチン及び武田モデルナ社製ワクチンについては、有効期限が延長されています。
ファイザー社製ワクチン 有効期間6か月 → 9か月
武田モデルナ社製ワクチン 有効期間6か月 →7か月 →9か月
詳しくは、厚生労働省「有効期間の取り扱いについて」(外部サイト)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

(10)母子手帳は必ず持参しないといけませんか、保護者の同伴は必要ですか
雲南市では、令和4年4月1日より5~18歳(高校3年生相当)の方が接種される場合は、他の定期予防接種と同様に母子健康手帳の持参を必須としており、接種前にほかの予防接種との接種間隔が、2週間空いていることを確認します。間違いなく安全に接種するため必ず持参してください。合わせて母子健康手帳に接種の記録も行います。
母子健康手帳を紛失された場合は、市役所健康推進課と各総合センター市民福祉課で再発行の手続きができます。申請から再発行までには1週間程度かかりますので、接種をお考えの方は計画的にご準備ください。再発行手続きに関する詳細は、市役所健康推進課(0854-40-1045)へお尋ねください。
雲南市では、5~18歳(高校3年生相当)までは保護者の同伴が必要です。子どもの場合、特に11~18歳までは、緊張や痛みなどのストレスによっておこる、血管迷走神経反射が生じやすいと言われており、その症状に早めに気づき対処できるよう、子どもの健康状態を理解している保護者の同伴を求めています。
※血管迷走神経反射とは、様々な要因によって、副交感神経が活発になり、血圧の低下、脈拍の減少などが生じ、失神などを引き起こすことを言います。失神する前に、通常、頭がふらふらしたり、吐き気、発汗などの症状を伴います。

(11)雲南市新型コロナワクチン接種実施計画について
新型コロナワクチンを接種するための計画として、雲南市新型コロナワクチン接種実施計画を策定しています。(以下をクリックすると計画書が開きます。)
計画書(初版)PDFファイル(181KB)このリンクは別ウィンドウで開きます 初回接種(1・2回目接種の医療従事者、高齢者施設等入通所者・従事者の方)
計画書(第二版)PDFファイル(479KB)このリンクは別ウィンドウで開きます 初回接種
計画書(第三版)PDFファイル(510KB)このリンクは別ウィンドウで開きます 3回目接種
計画書(第四版)PDFファイル(307KB)このリンクは別ウィンドウで開きます 小児接種
計画書(第四版改訂版)PDFファイル(311KB)このリンクは別ウィンドウで開きます3回目接種の12~17歳を追加
計画書(第五版)PDFファイル(337KB)このリンクは別ウィンドウで開きます 4回目接種
計画書(第五版改訂版)PDFファイル(339KB)このリンクは別ウィンドウで開きます4回目接種の対象者拡大
計画書(第六版)PDFファイル(383KB)このリンクは別ウィンドウで開きます小児接種3回目追加接種、オミクロン株対応2価ワクチン接種を追加
計画書(第六版改訂版)PDFファイル(383KB)このリンクは別ウィンドウで開きます乳幼児接種を追加、オミクロン株対応2価ワクチン接種の接種間隔を5カ月から3カ月に短縮

(12)新型コロナワクチン接種証明書アプリについて知りたい
日本政府公認の新型コロナワクチン接種証明書アプリがデジタル庁より提供されています。
使用するには、マイナンバーカードと暗証番号4桁が必要です。
(暗証番号を忘れてしまった場合や誤入力でマイナンバーカードがロックされた場合は、市役所窓口又は各総合センター窓口で手続きが必要です。)
マイナンバーカードが読み取れる機能(NFC認証機能)を搭載したスマートフォンが必要です。
iPhone(アイフォーン)の場合は、iOS13.7以上、Android(アンドロイド)の場合は、AndroidOS8.0以上である必要があります。
機能の有無などは、各メーカーホームページなどで確認してください。
アプリの情報は、デジタル庁Webサイトで確認できます。
デジタル庁「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」(外部サイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

(13)基礎疾患を有する方とは
基礎疾患を有する方とは、以下の病気や状態の方で、通院/入院している方です。
1)慢性の呼吸器の病気
2)慢性の心臓病(高血圧を含む)
3)慢性の腎臓病
4)慢性の肝臓病(肝硬変等)
5)インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
6)血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
7)免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
8)ステロイドなど、免疫の希望を低下させる治療を受けている
9)免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
10)神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
11)染色体異常
12)重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
13)睡眠時無呼吸症候群
14)重い精神疾患(精神疾患の治療のために入院している、精神障がい者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
15)基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
※BMI30以上の目安:身長170cmで体87kg、身長160cmで体重77kg

基礎疾患を有する方の確認方法
・診断書等の証明書は必要ありません。
・予診票の既往歴欄に基礎疾患名を記入してください。接種の予診時に医師から確認をします。

(14)高齢者施設等とは
次の施設等が該当します。
1)介護保険施設
2)生活保護法による救護施設
3)居住系介護サービス
4)障がい者総合支援法による障がい者支援施設等
5)老人福祉法による施設
6)高齢者住まい法による住宅
7)その他社会福祉法等による施設

(15)従事者の証明とは
従事者であることを証明するには、施設長が発行する従事者であることの証明書又は事業所名や所在地の明らかにされた職員証等です。
参考様式1「医療従事者証明書」ワードファイル(13KB)このリンクは別ウィンドウで開きます※開かない場合はこちら(50KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
参考様式2「高齢者施設等従事者等証明書」ワードファイル(14KB)このリンクは別ウィンドウで開きます※開かない場合はこちら(3KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

(16)ワクチン接種を受けるのに注意が必要な人とは
以下に当てはまる方は、ワクチン接種をしてもよいか、かかりつけ医にご相談ください。
1)過去に免疫不全の診断を受けた方、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
2)心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方
3)過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出た方
4)過去にけいれんを起こしたことがある方
5)ワクチンの成分に関して、アレルギーが起こる恐れがある方
6)その他、新型コロナワクチンが筋肉内に注射することから、抗凝固療法を受けている方、血小板減少症又は凝固障害(血友病など)のある方は接種後の出血に注意が必要とされています。
また、以下の方はワクチンを受けることができません。
ア)明らかに発熱している方(※)
イ)重い急性疾患にかかっている方
ウ)ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなどの重度の過敏症(※)の既往歴のある方
エ)上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方
※イ)~エ)について、接種を受けることができない方が、接種を受けられるどうかについては、かかりつけ医にご相談ください。
※明らかな発熱とは、通常37.5度を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
※アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状

(17)ワクチン接種後の副反応等について問い合わせがしたい
ワクチンの接種により次のような副反応が起きることがあります。
1)注射した部分の痛み
2)頭痛
3)関節や筋肉の痛み
4)疲労
5)寒気
6)発熱など
7)ショックやアナフィラキシー
接種後に気になる症状があると認めたときは、まずは、下記まで相談し、必要な場合はかかりつけ医等身近な医療機関を受診してください。

しまね新型コロナウイルス感染症健康相談コールセンター
電話 0854-47-7777(雲南保健所)
島根県「新型コロナウイルス感染症の電話相談について」(外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

(18)新型コロナワクチンについて問い合わせがしたい
厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電 話 0120-761-770(フリーダイヤル)
受付時間 9時から21時まで(土日・祝日も実施)

(19)新型コロナワクチンについて情報を知りたい
次の外部リンク先で情報を知ることができます。
厚生労働省「新型コロナワクチンについて」(外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます
首相官邸「新型コロナワクチン特設ページ」(外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます
島根県「新型コロナワクチンについて」(外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

(20)予防接種健康被害救済制度について知りたい
一般的にワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり、障害が残ったりすること)が極めてまれにではあるもの避けることができないことから、救済制度が設けられています。新型コロナワクチン接種についても、健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
詳しくは、厚生労働省の予防接種健康被害救済制度をご覧ください。
厚生労働省「予防接種健康被害救済制度」(外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

(21)ワクチン接種は義務なのか
ワクチン接種は、義務ではありません。ワクチン接種を受けるかどうかは接種による予防等の効果と副反応等のリスクを理解した上で、ご本人が接種を決めるようにしてください。ご本人の同意なく、接種が行われることはありません。
また、職場や周りの人などに接種をするように求めたり、接種を受けていない人に差別的な扱いをしたりすることのないようにお願いします。

(22)ワクチン接種をしたら感染対策はしなくてもいいか
ワクチン接種をしても感染を完全に防ぐことはできません。
ワクチン接種を受けた方も受けていない方も、共に社会生活を営んでいくことには変わりありません。
このため、引き続き「3つの密(密集、密接、密閉)」を回避し、マスクの着用、石鹸による手洗いや手指用消毒などの基本的な感染症予防対策を継続していくことが重要ですので、ご理解とご協力をお願いします。

(23)ワクチン接種に便乗した詐欺について知りたい
新型コロナワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください。
市役所や保健所の職員を名乗る、新型コロナワクチン接種に関する不審な電話が確認されています。
新型コロナワクチン接種は無料で接種でき、予約などの手数料はありません。

〔電話内容の事例〕
「お金を払えば優先的に接種ができる」
「接種を受けるためには費用が掛かるが、後日返金されるので振り込んで欲しい」

〔被害防止のために〕
お金は絶対に振り込まないようにしましょう。
電話で口座番号や暗証番号を聞かれても、絶対に教えないようにしましょう。
電話がかかってきたら、一人で慌てて対応せずに、家族や知人、警察などに相談しましょう。

消費者庁「新型コロナワクチン詐欺等の便乗悪質商法に注意!」(外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます


お問い合わせ先

雲南市ワクチン接種コールセンター
電話番号 050-3819‐6533
FAX番号 0854‐40‐1099
受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで(日祝日除く)
電子メール wakuchinsessyu@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。


もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関