このページの本文へ移動
  1. トップページ >
  2. 生活シーンで探す >
  3. 観光コンテンツ >
  4. 史跡・旧跡 >
  5. 加茂岩倉遺跡
  1. トップページ >
  2. 観光・文化 >
  3. 観光情報 >
  4. 加茂町 >
  5. 加茂岩倉遺跡

加茂岩倉遺跡

加茂岩倉遺跡

銅鐸
平成20年7月 国宝決定!!
加茂岩倉遺跡出土銅鐸

平成8年10月14日、島根県雲南市加茂町岩倉の農道工事現場より、弥生時代中期から後期と思われる大量の銅鐸が出土し、一カ所の出土としてはこれまで全国最多の39個が確認されました。発見された遺跡名は翌15日、「加茂岩倉遺跡」と命名されました。発見現場はかつて大量の弥生青銅器が発見された荒神谷遺跡より約3km、「景初三年銘三角縁神獣鏡」が出土している神原神社古墳や弥生時代後期から古墳時代にかけての古墳群も近くに確認されています。


銅鐸