トップ > 市政情報 > 広報・広聴 > 市報「うんなん」 > 平成30年度雲南市市報印刷製本業務契約業者選定実施

ここから本文です。

平成30年度雲南市市報印刷製本業務契約業者選定実施市報うんなんの印刷製本業務の契約相手を選定します。

詳細

平成30年度に本市が発行する広報紙「市報うんなん」の印刷製本業務の契約相手を次のとおり選定しますので、業務請負希望の向きは必要書類を提出してください。

選定方法

提出書類により、経費・実績・編集力等を総合的に判断し、経済的かつ良好な成果品が期待できる業者を選考会で選定する。

仕様

平成30年度雲南市市報印刷製本業務仕様書」のとおり

参加資格

次の4つの条件を満たす者が選考に参加できる。
(1)平成28・29年度物品の売買、借入れ及び庁舎管理等業務委託等有資格者名簿の「印刷製本」に掲載されている者。
(2)平成30・31年度物品の売買、借入れ及び庁舎管理等業務委託等有資格者名簿の「印刷製本」に登録申請ができる者。
(3)見積額が月額(基本28ページ)451,008円(税込)以下とし、28ページを超える場合は、1ページ単価は28ページのときの4色刷り及び2色刷りのページ単価にできる者。
(4)校了から納品までに要する期間が2.5日以内の者。
(5)「平成30年度雲南市市報印刷製本業務 仕様書」に定める要件をすべて満たすことができる者。

提出期限

平成30年1月31日(水) 15時(必着・郵送可)
※郵送の場合は、1月29日(月)の消印有効

提出書類

次の(1)、(4)~(6)を1部、(2)、(3)を6部ずつ提出すること。
(1)印刷能力等調書(様式1)
(2)企画書(任意様式)
(3)紙面のサンプル(参考:「市報うんなん」2018年1月号)
 ・うんなん日和(8ページ)
 ・市役所からのお知らせ(18ページ)
※写真データ及びwordデータが必要な場合は、本市から提供する。
(4)見積書(月額並びに4色刷り及び2色刷りそれぞれのページ単価を記載すること。実際の契約は、年間総額を契約金額として行い、[契約単価×成果品のページ数]以外の金額は支払わないので、業務に要する経費をページ単価として掲載すること。)
(5)直近3年(平成27年~29年)の自治体広報紙等の製作実績をまとめたもの
※製作年及び年発行回数を必ず記入すること。
(6)(5)のうち成果品を1点

提出場所

雲南市政策企画部情報政策課(雲南市役所本庁舎3階)
〒699-1392 島根県雲南市木次町里方521番地1
担当:藤原
Tel:0854-40-1015
Fax:0854-40-1019
E-mail:jyouhouseisaku@city.unnan.shimane.jp

選考会

日時:平成30年2月上旬
場所:雲南市役所本庁舎
委員:政策企画部長、政策企画部次長、地域振興課長、うんなん暮らし推進課長、情報政策課長
要領:「平成30年度雲南市市報印刷製本業務請負業者選考会実施要領」のとおり

選考基準
選考委員がイの提出書類を基に製作能力や編集力、経費等を審査し、
項目ごとに評価点数をつける。

採点及び選定事業者の決定
選考委員がそれぞれ提出書類により評価し採点する。
各選考委員の評価結果を集計する。
計得点が最も高い業者を第1位とし、以下合計得点により順位を決定する。ただし、得点が同一の場合は選考委員の協議により決定する。
選考結果を基に稟議し、決裁後、参加者に結果通知を行う。

委託事業者の決定及び契約締結
上記により第1位とした者に対し、本業務に係る委託契約の第1位交渉権を与える。
雲南市は、第1位交渉権を与えた者と業務の詳細や契約の締結に必要な協議を行い、委託契約の交渉を行う。
第1位交渉権を与えた者との契約締結交渉の結果、合意に至らなかった場合、または、第1位交渉権を与えた者の本提案における失格事由若しくは不正と認められる行為が判明した場合は、順次、次の順位以降の者を繰り上げてその者と契約の交渉を行う。

その他

・提出書類作成費用等今回の選考にかかわる業者の経費については、本市は一切負担しない。
・平成30年度予算が議会議決された後、選定した業者から再度見積書を徴し、契約を締結する。
・提出書類は、原則返却しない。
・選考結果は、平成30年3月2日までに通知する。

関連ページ

ダウンロード


お問い合わせ先

政策企画部 情報政策課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1015
Fax 0854-40-1019
jyouhouseisaku@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関