トップ > 市政情報 > 広報・広聴 > 市報「うんなん」 > 「市報うんなん」2016年4月号 > キャリア教育推進施設「おんせんキャンパス」の紹介

ここから本文です。

市報うんなん2016年4月号

ここから本文です。

キャリア教育推進施設「おんせんキャンパス」の紹介

雲南市は、「自立した社会性のある大人への成長をめざす人材育成」を目標とするキャリア教育を展開しています。昨年6月に、旧温泉小学校にキャリア教育推進施設「おんせんキャンパス」をオープンしました。
「おんせんキャンパス」は、学校・家庭・地域・NPO等との連携・協働により、子どもたちが自分と向き合い、地域とつながる中で、様々な課題を解決していく力を育みながら、学習の習熟度を含めた学力を育成する場として活用しています。

主な取り組み(1) 土曜学習

中高校生を対象に開催している土曜学習「自分をつくる楽校(がっこう)」では、保護者や先生などの「タテの関係」でない、人生のちょっと先を行く先輩である大学生や社会人などの「ナナメの関係」を生かしながら、教育プログラムを展開し、平成27年度は165人の中高校生が参加しました。
平成27年度は26人の大学生や地元の社会人の皆さんに、自らの体験談を語ったり、生徒の話の引き出し役となっていただきました。

主な取り組み(2) 学校に行きにくい子どものための支援

「おんせんキャンパス」には、様々な事情で学校を長期にわたって欠席している児童・生徒に対し、個々の実態に合わせた支援を行い、社会性を身につけることを目的とする雲南市教育支援センターを設置しています。
学校、教育支援センターや関係機関との連携のもと、体験活動を通じた人間関係づくりや学習活動など、進級・進学に前向きになるような支援に取り組んでおり、平成27年度は1日平均5.2人(2月末現在)の利用がありました。

~認定NPO 法人カタリバ~
「おんせんキャンパス」の運営は、認定NPO法人カタリバ(本部:東京都)との連携・協働により行っています。認定NPO法人カタリバは、「生き抜く力を、子ども、若者へ」を理念に活動している教育NPOで、全国的に活動を展開されています。

カタリバ雲南拠点シニアマネージャー 荻野晶子(おぎのあきこ)さん

この1年を振り返って
雲南市での取り組みは、県外から移住した4人と市内3人のスタッフにより、昨年4月にスタートしました。この1年、地域、学校、行政等のたくさんの方々に温かく迎えていただき事業を推進できたことに感謝しています。
平成28年度は、今まで行ってきた良かったことにさらに磨きをかけ、課題に正面から向き合いながら取り組んで行きたいと考えています。

雲南市の子どもたちに向けて
児童・生徒の皆さんが学校の内外問わず、会えば誰にでも、あいさつをされる姿に、清々しさを感じます。カタリバは皆さんにたくさんの「出会い」を届けて行きたいと考えています。ぜひ「土曜学習」に足を運んで見てください。今までにない「出会い」がきっとあります。皆さんに「土曜学習」で会えるのを楽しみにしています。

~WEBサイト開設~

「おんせんキャンパス」を中心とする雲南市のキャリア教育を紹介するWEBサイトをオープンします。(3月31日予定)
ぜひご覧ください。

●おんせんキャンパスWEBサイト
URL:http://onsen-campus.jp


もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関