トップ > 産業・ビジネス > 林業振興 > 伐採等の届出について

ここから本文です。

伐採等の届出について1ヘクタール未満の森林の立木を伐採する場合には、伐採届を市に提出する必要があります。

詳細

森林の立木を伐採するときには届出が必要です。

1ヘクタール未満の森林の立木を伐採する場合には、市に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出する必要があります。伐採届は森林法に規定されているもので、県の定める「地域森林計画」に含まれる森林が対象になります。(間伐の場合も必要となります)。
また、上記の伐採後の造林が完了したときには、市に「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」を提出する必要があります。

※地域森林計画
確認方法は下記リンクをご参照ください。

※市内の森林のほとんどが地域森林計画に含まれますが、一部例外もあります。

なぜ伐採届が必要なの?

森林は、国土の保全、水資源のかん養、土砂流出防備、地球温暖化の防止等の多面的機能を有しており、私たちの生活を支えている大切な存在です。無秩序な伐採等により、森林が一度その機能を失うと、回復するには長い年月と膨大な経費を要します。
このため、森林を計画的に管理していくことができるよう、法律により立木の伐採に対し届出を義務づけています。

届出を行うのは?

1.伐採及び伐採後の造林の届出
森林所有者や立木を買い受けた方などです。
※立木を伐採する方と伐採後に造林を行う方が異なる場合は連名で提出します。
2.伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告
造林をした方です。

提出期間は?

1.伐採及び伐採後の造林の届出
伐採を始める90日前から30日前までの期間です。
2.伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告
造林を完了した日から30日以内です。

提出をしない場合は?

1.伐採及び伐採後の造林の届出
100万円以下の罰金に処せられます(森林法第208条)。
2.伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告
30万円以下の罰金に処せられます(森林法第210条)。

森林の伐採面積が1ヘクタール以上になる場合は?

林地開発行為に該当するため、林地開発に係る申請書類を市へ提出し許可を受ける必要があります。また、伐採する場所によっては、他の法律や制度の規制を受ける場合があります。
こちらについても伐採届と同様に、雲南市林業畜産課へお問い合わせください。

※林地開発とは・・・土石の採掘等により土地の形質を変える行為

保安林の場合は?

島根県東部農林振興センターにお問合せください。
TEL 0852-32-5666

森林経営計画が立っている森林で伐採する場合は?

伐採後に、森林経営計画に係る伐採等の届出が必要です。
雲南市林業畜産課にご相談ください。


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。ビューワ一覧(別ウィンドウで開きます。)


お問い合わせ先

農林振興部 林業畜産課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1050
Fax 0854-40-1059
ringyouchikusan@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関