トップ > 産業・ビジネス > 入札・契約 > 公用車について > 雲南市役所本庁所属公用車の車検について

ここから本文です。

雲南市役所本庁所属公用車の車検について雲南市役所本庁所属公用車の車検について説明しています。

雲南市役所本庁所属公用車の車検

平成3011月発注分(平成30119日更新)
11月分発注車両は下記のとおりです

1.本庁等にて使用している公用車の車検を制限付一般競争入札により実施します。
2.対象となるのは、発注月の翌月に車検の満了を迎える公用車からとします。 
(11月発注の場合は、12月に車検が満了することとなります。)

3.入札に参加できるのは次の条件を全部満たす方に限ります。
(1)市が調製する「入札参加者名簿」に記載された者であること。
(2)市内に本社または営業所を有すること。
(3)市内に整備工場を有し、当該工場が陸運局から自動車分解整備事業者として認証工場(道路車両運送法第80条)の資格を有していること。
4.次の方法により実施します。なお、日程を必ず確認してください。(指定日が祝休日などの場合は変動します。)
(1)毎月10日にインターネット上で対象となる車両を公告します。(車名、メーカー名、車両形式、車番、初年度登録、車検満了日、走行距離、発注課のデータを公告します。)
(2)毎月15日に雲南市役所本庁舎において現車見積を実施しますので、上記3の条件を満たす方は午前10時までに集合してください。
※午前10時に間に合わなかった方は現車見積に参加できません。(現車見積に参加しない方の入札への参加はできません。)
※現車見積では、対象車両の1台1台を参加者でチェックして点検項目を決定します。(自動車整備振興協議会の様式をを使用します。)
(3)毎月20日午後1時までに発注課に見積書(入札書)を届けてください。
※郵送も可能ですが、時間までに届かなかった場合は、無効とします。
※午後1時までに間に合わなかった場合の異議申立ては一切認めません。
5.見積書(入札書)には、税込みの上、次の事項を含んだ金額としてください。
(1)自動車重量税、自動車損害賠償責任保険料および登録印紙代
(2)保安確認検査料、車検代行手数料および24ヶ月定期点検基本手数料
(3)整備箇所の整備に要する部品、油脂代金および技術料、工賃の明細
(4)必要に応じて車庫証明手続きの代行費用
6.上記1および2に該当しない車両の車検の発注は、これまでどおりとします。ただし、上記3の要件を全部満たしていることが条件となります。
7.次の点に注意してください。
(1)現車見積の開始時間(午前10時)に間に合わなかった方は、その日の現車見積の全部に参加できません。
(同時に、その月のこの制度による入札への参加もできません。)
(2)現車見積中に、整備箇所が増加した場合は、参加者全員で確認の上、見積項目を増やします。
(3)出された見積書(入札書)に現車見積で確認した整備項目が含まれていない場合は、記載事項不備として失格とします。
(4)現車見積した部分以外で、車検受注後に整備が必要な部分を発見した場合は、発注課と協議してください。

お問い合わせ先

総務部 管財課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1025
Fax 0854-40-1029
kanzai@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関