トップ > 暮らし・手続き > 税金 > 個人住民税 > 市・県民税(個人住民税)の生命保険料控除の改正

ここから本文です。

市・県民税(個人住民税)の生命保険料控除の改正市・県民税(個人住民税)の生命保険料控除について

詳細

平成22年度の税制改正により、生命保険料控除が改正されました。
この改正は、平成25年度課税分の市・県民税(個人住民税)から適用されます。

新契約と旧契約の生命保険料控除適用限度額

平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る保険料と平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る保険料では、生命保険料控除の取扱いが異なります。
※対象となる保険契約等の詳細については、国税庁ホームページ生命保険料控除の対象となる保険契約等 をご覧ください。
国税庁ホームページ「生命保険料控除の対象となる保険契約等」このリンクは別ウィンドウで開きます

(1)平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る控除【新契約】

平成24年1月1日以後に生命保険会社又は損害保険会社等と締結した保険契約のうち、介護医療保険料については、介護医療保険料控除が設けられました。

年間の支払保険料等 控除額
12,000円超、32,000円以下 支払保険料等×2分の1+6,000円
32,000円超、56,000円以下 支払保険料等×4分の1+14,000円
56,000円超 一律28,000円

※新生命保険料控除、介護医療保険料控除および新個人年金保険料控除の適用限度額は、それぞれ2万8千円です。

(2)平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る控除【旧契約】

年間の支払保険料等 控除額
15,000円以下 支払保険料等の金額
15,000円超、40,000円以下 支払保険料等×2分の1+7,500円
40,000円超、70,000円以下 支払保険料等×4分の1+17,500円
70,000円超 一律35,000円

※旧生命保険料控除、旧個人年金保険料控除の適用限度額は、それぞれ3万5千円です。

(3)新契約と旧契約の双方に加入している場合の控除額

新契約と旧契約の双方に加入している場合の新(旧)生命保険料又は新(旧)個人年金保険料は、生命保険料又は個人年金保険料のそれぞれについて、次のいずれかを選択して控除額を計算することができます。

適用する生命保険料控除 控除額
新契約のみ生命保険料控除を適用 (1)に基づき算定した控除額
旧契約のみ生命保険料控除を適用
(2)に基づき算定した控除額
新契約と旧契約の双方について
生命保険料控除を適用
(1)に基づき算定した新契約の控除額と
(2)に基づき算定した旧契約の控除額の合計額
(最高28,000円)

(4)生命保険料控除額

項目(1)から(3)による各控除額の合計額が生命保険料控除額となります。なお、この合計額が7万円を超える場合には、生命保険料控除額は7万円となります。
※所得税は平成24年分より適用されます。所得税についての詳細は国税庁ホームページ生命保険料控除をご覧ください。
国税庁ホームページ「生命保険料控除」このリンクは別ウィンドウで開きます


お問い合わせ先

市民環境部 税務課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1034
Fax 0854-40-1125
zeimu@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関