トップ > 暮らし・手続き > 生活情報 > 選挙 > 不在者投票制度 (平成29年10月22日執行 衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査)

ここから本文です。

不在者投票制度 (平成29年10月22日執行 衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査)長期の出張や旅行などのため、選挙期間中に他の市町村に滞在中の方や病院や老人ホーム等に入院・入所中の方などは不在者投票による投票をすることができます

不在者投票について

●一時滞在地での不在者投票
 仕事や長期出張などで公示日から投票日まで雲南市内にいない人などが対象です。
 投票用紙等の郵送に日数がかかります。
 詳しくは下記ダウンロードの「滞在地(雲南市以外)での不在者投票の方法」をご確認いただき、お早目の手続きをお願いします。

ダウンロード

・不在者投票用紙等交付申請書(兼宣誓書)PDFファイル(130KB)
・不在者投票用紙等交付申請書(兼宣誓書)記入例PDFファイル(165KB)
・滞在先(雲南市以外)での不在者投票の方法PDFファイル(200KB)

●郵便による不在者投票
 郵便による不在者投票ができる対象者は、次の方です。
 【身体障害者手帳保持者】
 ・両下肢、体幹、移動機能障がい・・・1級又は2級
 ・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がい・・・1級又は3級
 ・免疫、肝臓の障がい・・・1級から3級
 【戦傷病者手帳保持者】
 ・両下肢、体幹の障がい・・・特別項症から第2項症
 ・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障がい・・・特別項症から第3項症
 【介護保険の被保険者証】
 ・要介護状態区分・・・要介護5

 また、郵便投票の対象者で、かつ次に該当する方は、代理人による郵便投票ができます。この場合、あらかじめ代理人の届出が必要ですので、お早めに選挙管理委員会事務局へお問い合わせください。
 【身体障害者手帳保持者】
 ・上肢または視覚の障がい・・・1級
 【戦傷病者手帳保持者】
 ・上肢または視覚の障がい・・・特別項症から第2項症

 郵便投票の請求ができるのは、10月18日(水)までです。
 手続きについてはお早めに選挙管理委員会へお問い合わせください。

●病院、施設での不在者投票
 島根県選挙管理委員会が指定する病院や老人ホームなどの施設に、入院または入所している人が対象です。
 ご本人から病院・施設へお早めにお申し出ください。

お問い合わせ先

雲南市選挙管理委員会
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1090
senkan@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関