ここから本文です。

広島ふるさと会設立総会広島ふるさと会設立総会の報告です

広島ふるさと会設立総会について

広島ふるさと会設立総会

ふるさと会のようす

平成19年1月20日(土曜)メルパルク広島(広島市)にて「雲南市広島ふるさと会設立総会」が行われました。
合併(平成16年11月)による雲南市誕生前、各町村単位で設置されていたふるさと会が連携・統合し、「雲南市広島ふるさと会」としてこの日新たにスタートしたもので、会長には川本大造 氏が就任されました。

川本会長のあいさつの様子

総会が始まると、まず会長に就任された川本氏があいさつ。「幼い頃、ふるさとは見渡す限り田園風景が広がりなんとも美しかった。今でもそうしたすばらしい原風景が市内各所にたくさん残されている。また「ばんじまして(こんばんは)」などの柔らかな響きのあいさつは、そこに住む人々の優しさ、思いやり、暖かさを顕著に表している。」と生まれ育ったふるさとの良さを懐古談を交えながら語り、「雲南市への誇りを持ち、ふるさとの良さを積極的に情報発信するなど、県外から雲南市の手助けをすることがふるさと会員の役割。」と会設立の意義をお話になりました。

速水雲南市長のあいさつの様子

来賓として招待され同会に出席していた速水雄一雲南市長はこれを受け「雲南市が誕生して3年目。「生命(いのち)と神話が息づく新しい日本のふるさとづくり」を基本理念とし、まちづくりに努めてきた。今後も、皆さんにふるさと雲南市を誇りに思ってもらえるようがんばります。」力強く述べ、市発展のためまい進し続ける事を会員に約束しました。

祝賀会の様子

総会終了後、祝賀会が開かれました。前述のとおり今回のふるさと会は統合後はじめての会合であったため、合併前の旧町村の垣根を越えた新たな会員同士の出会いや交流の場面も多く見られました。会員は久しぶりの再開、新たな出会いを喜び、互いの近況を報告したり、市職員から直近のふるさとの様子を聞いたりしていました。祝賀会中、ふるさと雲南市の特産品が当たる抽選会も開かれ、会員らを喜ばせました。最後は「ふるさと」を参加者全員で合唱。「雲南市広島ふるさと会」は大盛況のうちに幕を閉じました。


お問い合わせ先

政策企画部 うんなん暮らし推進課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1014
Fax 0854-40-1019
unnangurashi@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関