ここから本文です。

松笠振興協議会ふるさと納税活用事業の詳細について

1.活用事業名

地域伝統文化継承事業

2.事業概要

松笠地区には昭和の初め、地方回りの芝居一座が地方巡業公演をおこなったことに起因した松笠素人芝居を受け、氏神様の秋祭りの夜半小学校の講堂を利用し筵架けでの公園をしたのが始まりとされている。以来3、4年に一度地元松笠青年団によって公園をされていたという。太平洋戦争にて一時中断されていたこの素人芝居も、戦後また青年団の有志により復活公演を行うようになった。また戦後は隣町出雲市佐田町にて、同じような趣旨で公演されていた佐田歌舞伎の指導も受け、現在は素人芝居と歌舞伎の一幕を演じる独特の松笠素人歌舞伎として継承してきている。この伝統文化継承に対して継承者の育成はもちろんのこと、備品等の購入、修繕を行いながら地域に伝わる素晴らしい伝統文化を次世代へと継承していく。

3.PR

  • 松笠振興協議会では、松笠素人芝居の保存継承をはじめ、「地域のことは地域で」をモットーとして子ども見守り活動、ハザードマップの作成、高齢者家族の安否確認などの事業に取り組んでいます。
  • 約40年前より地元氏神様の秋の大祭礼に、はやしこ、獅子舞の奉納など地域の子どもさんと青年諸氏の共同による祭り慎二の実施にも取り組んでいます。
  • 当松笠には日本の滝100選に選ばれた龍頭が滝があります。この滝は中国地方では一番の高さを誇っており、この滝を訪れる観光客は毎月100名を下りません。昭和26年からこの滝の観音様の祭りを行い、当日は青年団男女により滝踊りの披露を行っております。地域の景勝地を守ることと、訪れていただいた皆様に少しでもの慰みができればとこの滝踊りも保存継承に努めております。

お問い合わせ先

政策企画部 政策推進課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1011
Fax 0854-40-1019
seisakusuishin@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関