ここから本文です。

中野の里づくり委員会ふるさと納税活用事業の詳細について

1.活用事業名

地域内外交流人口拡大事業

2.事業概要

平成22年10月にJA中野店舗が閉鎖されたことにより、買い物が不便になったとか地域の交流の場がなくなった等、特に高齢者から不満の声が聞かれるようになった。これらの問題の解消と地域の活性化を図るため、JA空き店舗を利用して地元野菜や日用品の販売と気軽にお茶を飲んで話してもらえる憩いの場として「笑んがわ市」を開設し、今年で5年が経過した。最近は地域内だけでなく、地域外からもたくさんの方に来ていただき賑やかに開催している。

しかしながら、スタッフの高齢化や施設の老朽化等の問題も抱えており、今後これらの問題を乗り越えながら、さらに地域内外の交流人口の拡大を図りたいと考えている。

3.PR

  • 中野の里づくり委員会は、ふるさと振興部・福祉部・生涯学習部・シニア部等、7つの部体制で、それぞれ特性のある事業を取り組んでいます。
  • 最近、地区内の若者を中心として、10数年前から途絶えている「中野神楽」の復活をめざし、週1回程度のペースで練習に励んでいます。
  • 平成28年度は、地域でチャレンジしたい医療保健福祉系大学生における「イイトコ発見プロジェクト2016」が当地区で実施され、生活維持の秘訣と展開の可能性を探ることで、イイトコを発見し、地域の維持発展に貢献できる人材を育成することとしています。

お問い合わせ先

政策企画部 政策推進課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1011
Fax 0854-40-1019
seisakusuishin@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関