トップ > 子育て・教育 > 支援・相談 > 平成29年度 病後児保育の申込について

ここから本文です。

平成29年度 病後児保育の申込について病後児保育の申込について

平成29年度 病後児保育の申込について

平成29年度 病後児保育の募集

  • 病気の回復期の児童を、保護者の勤務や傷病、出産、冠婚葬祭などやむを得ない事由により家庭で育児が困難な場合に一時的にお預かりします。
  • なお、1回の利用につき原則7日まで利用可能です。
  • ただし、土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)はお休みです。

対象児童

  • 病気の回復期のためで入院治療の必要はないが、安静が必要で集団生活が困難な場合で、かかりつけ医が病後児保育に適合すると判断した児童。
  • 施設によって対象年齢が異なりますので、施設一覧を参照ください。
  • 各施設とも、定員は2名です。

利用方法

(1)登録

  • 事前に病後児保育利用登録が必要です。
  • 登録用紙に必要事項を記入して施設、または 最寄りの総合センター市民福祉課、子ども政策課まで提出してください。
  • 登録は無料ですので、利用が見込まれる方は早めに登録してください。

(2)予約

  • ご利用される場合は事前に予約が必要です。
  • お早めに施設へ電話で予約してください。
    月曜日~金曜日 9時~18時
  • 緊急に予約が必要な場合は、上記受付時間以外でも受け付けますが、深夜や早朝はご遠慮ください。定員に空きがあれば当日の予約もお受けできます。
  • また、電話いただいても定員の都合でお断りする場合がありますので、ご了承ください。
  • 予約を変更・取消される場合は、遅くとも前日夕方5時までに必ずご連絡ください。

(3)利用前の準備

  • 病後児保育をご利用いただくには、申込書と医師連絡票(診断書)が必要です。
  • かかりつけ医に受診して、利用が可能と判断された場合は、医師連絡票を記入してもらってください。(文書料がかかる場合があります。)
  • 連続して利用される場合は、2日目以降は医師連絡票の提出は必要ありません。
  • ただし、症状が変わった場合や薬・指示内容の変更があった場合は再度必要となります。

(4)利用にあたっての留意点

当日用意していただくもの
必要書類(利用申込書、医師連絡票(診断書)、与薬依頼票)
薬(お薬手帳または薬剤情報提供書)
母子健康手帳(3歳未満児は利用の都度、3歳以上児は初回利用時のみ)
着替え一式(2~3組)、手ふきタオル
ビニール袋(汚物入れ)
紙おむつ、よだれかけ、粉ミルク、哺乳瓶(必要な方のみ)
  • 症状が悪化した場合は、お迎えをお願いすることもあります。
  • 必要に応じて電話連絡の上、お子さんを医療機関へ受診して頂く場合があります。
  • 医療費等経費は保護者負担となります。
  • 終了時間までに必ずお子さんを迎えに来てください。
  • 利用料は後日郵送する納入通知書で指定の期日までに指定金融機関よりお支払いください。

登録用紙および各種必要書類の様式ダウンロード

安心してお子さんが保育室で過ごすために

  • 子ども自身にも心の準備が必要です。そのため、お子さんにも保育室で過ごすことなどを事前にお話ししてください。
  • また、事前の見学もお奨めします。

施設一覧

町名 施設名 連絡先 電話番号 対象児童
大東町 つくし つくし 43-8815 6か月経過児~小学6年生まで
三刀屋町 たんぽぽ たんぽぽ 45-5001 6か月経過児~小学6年生まで
掛合町 病後児保育室 掛合保育所 62-9900 6か月経過児~5歳児まで

※ 電話番号の市外局番(0854)は省略しています。

利用料について

つくし(大東町)、たんぽぽ(三刀屋町)、病後児保育室(掛合町)の各施設で利用料は同じです。

食事・おやつ代を含む場合の利用料
1回1,500円
食事・おやつ代を含まない場合の利用料
1回1,200円

問い合わせ

窓口 電話番号 所管病後児保育室
子ども政策局
子ども政策課
40-1044 雲南市内にある病後児保育

※ 電話番号の市外局番(0854)は省略しています。

関連施設リンク


お問い合わせ先

子ども政策局 子ども政策課
〒699-1392
島根県雲南市木次町里方521-1
Tel 0854-40-1044
Fax 0854-40-1079
kodomoseisaku@city.unnan.shimane.jp
(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。

もしもに備えて

防災情報

急病時の医療機関